役員及び理事

  宗像ロータリークラブ 会長
2017-2018年度
宗像ロータリークラブ 会長

髙島 亮一

 本年度、宗像ロータリークラブにおきましては創立以来最も重要で尚且つ大切な年度となります。2017~2018年度、イアンH.S.ライズリーRI会長はテーマを「ロータリー:変化をもたらす」と掲げられました。ロータリーとは何ですか?と言う問いに私たちは「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答え、どのような方法で奉仕することを選んだとしても、奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じ、そして何よりも私たちがロータリーで充実感を得ることができる。この充実感こそが変化をもたらす大きな源であると述べられました。
 また、このテーマを受け2017~2018年度2700地区 安増惇夫ガバナーは、メッセージとして「拡がりは変化をもたらします」と掲げられました。その中で提案された「3つの拡がり」
1.会員の拡がり 2.奉仕の拡がり 3.対外広報の拡がり

 こうしたRI会長、並びに地区ガバナーの思いをふまえ、本年度の会長方針として「つなげよう夢 はぐくもう夢」 ~そして更なる前進~と掲げさせて頂きました。
 2017~2018年度、我々宗像ロータリークラブは創立以来初めてのガバナー輩出という輝かしい年度を迎えようとしています。RI会長の強い意志を受け継がれた安増ガバナーを会員一丸となって一年間クラブ全体で支える事が私たちクラブの使命でもあります。そのためにも会員相互の親睦をより一層深め、会員同士が思いやりを持ち、信じ合い助け合い、真から楽しめるクラブ創りが必要ではないかと思います。
 また地域の各諸団体の方々とも繋がりを深く持つことも重要な事だと思います。スポーツを通じての親睦や食事会等での懇親を深めるほか、奉仕を通じての繋がりや何か事業をする上で地域と密に関わることにより組織の向上、あるいは会員維持の強化、また対外的イメージアップへと拡げていきたいと考えます。そうした思いを持ち、与えられたこの年度を自分の人生の集大成と考え、全ての拡がり、繋がりを集約できる一年を目指したいと思います。
 最後になりますが、過去30年の宗像ロータリーの歴史・思いを次世代のロータリアンに継承する大切な前進の年になるよう最大限の努力を払う所存でございます。会員の皆様には大変ご迷惑をお掛けする事と思いますが、一年間宜しくお願い申し上げます。

宗像ロータリークラブの概要

役職

氏名

会長 高島 亮一
直前会長 幣   款
副会長 小林 正勝

役員

幹事 的場 智浩
会計 中狭 孝章
SAA 福江 優
役員補佐
副幹事 安井 貴之
副SAA 井ノ口 泰士
会計監査 (地区広報IT会報委員)
浜田 修一

専任理事氏名

髙島 亮一

小林 正勝
2016.7~2018.6 井上 正文
大住 認
阿部 文明
2017.7~2019.6 石松 健司
髙山 卓也
福江 優