役員及び理事

宗像ロータリークラブ 会長
2019-2020年度
宗像ロータリークラブ 会長

山口 政行

 

2019~2020年度マーク・ダニエル・マローニRI会長はテーマを「ロータリーは世界をつなぐ」(ROTARY CONNECTS THE WORLD)と掲げられました。
ロータリーでの体験の中核にあるのがつながりです。
このテーマを受け、2019~2020年度第2700地区灘谷和徳ガバナーは、「不易流行 ~永続と変革~」とされました。


「不易」:永続しずっと変わらないもの 「流行」:時代とともに変わるもの
「不易」:「中核的価値観」(奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップ)
「流行」:「重点目標」「優先事項」「年次目標」
また、ロータリーは楽しくなければならないと言われました。
このRI会長、灘谷ガバナーの思いを受け、本年度の会長方針として「会員相互の親睦を深めよう」と掲げさせていただきました。
本年度、宗像ロータリークラブから第4グループのガバナー補佐に合屋猛敏会員が就任されており、会員一丸となりクラブ全体で支援していきたいと思います。
2019~2020年度のIMを主催することになっております。 開催日は2020年1月25日(土)です。皆様のご支援ご協力をお願いします。
長期計画委員会を設置し、宗像ロータリークラブを魅力的で元気あるクラブにするために、継続的に発展する組織運営体制にする。将来こうありたいというビジョンを描き、それを達成する目標計画と行動計画を立てたいと思っています。
また最も重要なのは、これからより多くのことを達成するために会員基盤を成長させることと思います。
会員増強に力を入れ、退会防止に努め今年度の目標は会員数を50名以上とさせていただきます。
例会出席率の向上を目指します。そのためには魅力ある例会運営をお願いします。
また、他クラブへのメーキャップやロータリークラブ主催事業、地域の事業、地区委員会活動・行事などへの積極的な参加をお願いします。ロータリアンとしての自覚を持ちつつ、節度ある行動をし、お互いを尊重し、切磋琢磨して会員相互の親睦を深めロータリーを楽しんでいただきたいと思います。
会員の皆さまには、一年間何卒ご支援ご協力よろしくお願い申し上げます。


宗像ロータリークラブの概要

役職

氏名

会長 山口 政行
直前会長 小林 正勝
副会長 大住 認

役員

幹事

(米山記念奨学地区委員)

尾畑 和隆
会計 境 和重
SAA

(広報・公共イメージ委員会地区副委員長)

横山 誠
役員補佐
副幹事

(ロータリー財団地区委員)

中村 光

副SAA 野見山 拓也
会計監査 安井 貴之

専任理事氏名

山口 政行

大住 認
2018.7~2020.6 石野 洋一
川浪 大郎
横山 誠
2019.7~2021.6 馬場 貞仁
徳永 哲彦
宮脇 一彦